CHECK

初めて税理士事務所を仕事・プライベートで利用する前に!覚えておきたい基礎知識を解説

このサイトでは、相続税などの相談で初めて税理士事務所を使うときや個人事業主になり税金のアドバイスを貰いたいなど考えたとき、それぞれ利用する前に覚えておくと安心に繋がったり役立てることができる基礎知識をご紹介しています。
法人契約などの場合は顧問契約をするケースが多いかと思われますが、このような契約のときには1か月の相場がどのくらいの金額になるのか、給料計算に年末調整などの業務を依頼するメリットやデメリットなどにも触れているので参考にされると良いでしょう。

初めて税理士事務所を仕事・プライベートで利用する前に!覚えておきたい基礎知識を解説

税理士事務所は、税金相談や書類の作成、それと申告手続きなどを一貫して行うことができますが、一般の人々は相続税や贈与税などの相談で利用することがあります。
仕事で利用するときなどは、節税の相談や税務処理などで利用することになるけれど、初めてのときは税理士事務所をどのような基準で選ぶべきか分からない人も多いといえます。
仕事やプライベートなどそれぞれのシーンで覚えておきたい基礎的な知識をご紹介しているので、参考にされることをおすすめします。

税理士事務所とは?会計事務所・税理士法人との違いは?

税理士事務所とは、税理士が個人事業主として一人で運営している事務所のことです。
所得税・相続税・法人税・固定資産税などの申告を依頼者の代わりに行い、書類作成も行います。
もちろん、税に関する相談にも対応します。
一般的に税理士事務所は少数精鋭で規模が小さく、クライアントも中小企業がほとんどです。
また、税理士事務所と会計事務所に違いはありません。
呼び方が違うだけで、会計事務所は俗称です。
「税理士」という言葉から税金に関する業務に特化したイメージを持たれることがあるので、会計全般の業務も扱っていることを強調するために名乗っています。
そして、似た名称で税理士法人というものがあります。
こちらも業務内容は同じですが、業務形態が異なります。
税理士法人は二名以上の税理士が所属する法人で、個人事業主ではありません。
さらに、「支店を展開できる」「代表者が業務不能になっても組織運営は可能」という点も大きな違いであるといえます。

税理士事務所で遺産相続を相談可能か

遺産相続をする場合には、専門家の手を借りると安全で円滑な手続きが可能になります。
その際の専門家として税理士事務所を選ぶのは正解なのかと言えば正解です。
相続財産に不動産が含まれている場合は、登記手続きが必要になるので司法書士の方が向いているのではないかと考えるかもしれません。
相続人の間で紛争が起これば、弁護士に間に入ってもらった方が円滑な解決が期待できるのではないかと思う人もいるでしょう。
それらの考え方は間違ってはいないですが、税理士事務所を通しても司法書士や弁護士の紹介を受けることは可能です。
遺産相続の対象になる財産に不動産が含まれていなくても、相続人間で何もトラブルが無くても、処理しなければいけない税金はあります。
それを考えれば税理士事務所へ相談することは、可能というよりも適切と言っても良いくらいです。
弁護士や司法書士に比べると、接する機会は一般的には税理士の方が多いことからみても、相談相手として適任者と言えます。

税理士事務所では起業サポートをしていることもある

税理士事務所というと、相続税などの各種税金の相談や記帳代行、決算処理などの専門サービスを提供してくれるというイメージが強いのではないでしょうか。
しかし税理士事務所は、他にも様々なサービスを提供しています。
例えば、あたらしく起業する方をサポートするサービスを提供しているところがけっこうあります。
新しく会社を設立する場合、定款を作成したり登記を行ったりと、様々な手続きを行わなければいけません。
このような手続きを一括でサポートしてくれる税理士事務所があります。
また、資金調達に関してアドバイスをしてくれたりもするので頼もしいです。
ただし、税理士事務所で起業サポートを受ける場合、顧問契約を行うことが条件になっていたりすることも多いので注意しましょう。
顧問契約もお願いしたいなら問題ないですが、不要だという場合は顧問契約が条件になっていないところに依頼すべきです。
顧問契約を強制してくる税理士は、会社設立費用は安くても、顧問契約がかなり高額だったりします。

税務調査の立ち合いと税理士事務所の関係

税務調査と聞くと、税務署の人がいきなり現れてすべての帳簿をチェックされるというイメージを持っている方が多いのではないでしょうか。
それとは違って、自分の会社のような小規模なところには、税務署がチェックに来ることはないと考えている方も多いでしょう。
税務調査はあくまで調査であるので、脱税など悪いことをしていなければ特に怖がる必要はありませんが、小さい会社だからと言って調査が入らないわけではありません。
税務署が調査するとなれば、事前に連絡が来るので、その時は税理士事務所に立ち合いを依頼するようにしましょう。
税に関する知識がないと、調査官に質問された時に、上手く答えられない場合があるからです。
そんな時、税のプロフェッショナルである税理士事務所に立ち会ってもらうことで、スムーズに調査を進めることができます。
他にも税務間の調査が来る前に、事前準備ができるというメリットがあります。
想定される質疑応答のシミュレーションもできるのでおすすめです。

税理士事務所の選び方は担当者との相性や提案力

税理士事務所を選ぶ際には、担当者との相性を重視することが大切です。
立ち上げ当初のベンチャー企業だったり、取引先が少なかったりする会社では、税理士事務所との会話は貴重な情報を得る場になるでしょう。
自社では知り得ないような、業界の動向やライバル企業の動きについても、税理士事務所を介して把握することが出来るからです。
予算の面だけで事務所を選ぶのではなく、包括的な見地に立っての税理士選びが必要となるのです。
税理士事務所によって、それぞれ得意とするサービスには違いが見られます。
税務相談に関する特集サイトには、地域ごとに事務所紹介を行うものも少なくありません。
自社が求めるサービスだったり、サポートを求める業界に精通していたりする際には、気軽に相談してみるのも良いでしょう。
殆どの事務所では、契約前に無料相談の実施を行います。
担当者との話しを通じて、自社との相性が良いかについてを確かめていくことが大切です。

偽物の税理士事務所を見分けるコツ

税理士業務を行うためには、日本税理士会連合会(日税連)の会員になる必要があります。
会員は日税連が発行する税理士証票というものとバッジの両方を身に着けているはずなので、偽物に騙されないためには両方の提示を求めるようにすることをお勧めします。
バッチは大蔵省造幣局が作成した「桜花の図」が使われています。
会員章の外側にある金色の円は日本の「日」を表しています。
一言で税理士事務所といっても、得意とする分野やサービス内容は様々です。
サービスの内容を絞ってでも低価格にしている税理士事務所もあれば、高品質を追求するところもあります。
一般的に偽物のその報酬は、相場より安いので相場を知るということも大切です。
現代はインターネットの時代なので日本税理士会連合会のホームページにいくと、全国の税理士登録されている人の情報を手に入れるとが出来ます。
ここで気になる税理士事務所を検索するか、問い合わせしてみるのも一つの対策です。

遠隔地にある税理士事務所を利用することは可能?

自分に都合がいい税理士事務所が遠隔地にある場合、利用できるのか不安になってしまう方が多いのではないでしょうか。
結論から言うと、税理士事務所が遠くに合ったとしても利用することができます。
なぜ遠くでも利用できるのかというと、インターネットなどの通信設備が充実し、メールやズーム、スカイプやチャットルームなどを活用できるようになったからです。
最近では近いからという理由ではなく、相性や話しやすい人柄、顧客実績や料金などを参考にして選ぶ傾向があります。
ただし税理士事務所ごとに遠隔地の顧客の対応はそれぞれ異なるので、注意が必要です。
例えば遠距離の税理士事務所に依頼したけど、電話やメールのみの対応で対面での対応をしてくれないので不安になってしまうこともあります。
事務所によってはズームやスカイプを活用しないところもあるからです。
他にも日中は忙しいので電話ではなくメールで対応してもらいたい人もいます。
これらの悩みがあるなら、事前に連絡方法を確認することが大切です。

税理士事務所が保険代理店をすることもある

税理士事務所では多くのクライアントと接するため、保険代理店としての業務を依頼されることがあります。
数多くの中小企業に関わる税理士事務所に代理店を任せることで事業所ごとまとめて加入してくれるため、複数の契約を一気に獲得することができます。
個人の加入よりも支社や事業所ごとの加入は保険会社側にもメリットが大きく、ぜひ税理士事務所に依頼したいという例も多いでしょう。
一方で税理士事務所側は、代理店を引き受けることで手数料を受け取ることが可能です。
定期的な副収入に活用している事務所も多いはずです。
顧客側から見ると信頼している税理士からの紹介だからこそ加入する、せっかく入るなら提案されたプランを選びたいという例もあります。
顧問を行っている税理士からの紹介であれば自社に最適なものであり、保証内容も妥当である可能性が高くなります。
顧問から顧客へのリスクヘッジの面からも双方にメリットが大きく、活用しやすいことが判ります。

税理士事務所で個人の確定申告を依頼する場合の注意

確定申告をする時にやり方が分からず、専門家に相談するのは当然のことと言えるでしょう。
これは法人だけではなく、個人にも当てはまります。
最近はフリーで働く人が増えてきているので、個人で確定申告をしなくてはいけない人も少なくありません。
そんな時には税理士事務所に相談することになります。
その際、いくつかの注意点があるので覚えておきましょう。
まず、税理士事務所選びは慎重に行うことをおすすめします。
多くの人はインターネットで探すことになるはずです。
実績のあるところから、口コミ評判通いところかといった点を重視して選びます。
それから、実際にどんな業務を請け負っているのか、この点も把握しておいた方が無難です。
これまでの実績が事務所のホームページで確認できるようになっていることもあります。
参考までに見ておきましょう。
他には、費用がかなりかかることもあるという点です。
依頼するからには費用を支払うことになります。

税理士事務所側でミスがあった場合、損害賠償請求は可能?

税理士事務所のミスで税金を多く支払ってしまったということはありませんか。
税のスペシャリストである税理士も人間なので、ミスを犯すこともあります。
ただしそのミスが依頼主に損害を与えるものであれば、損害賠償を請求することも可能です。
しっかり支払ってもらうために、損害が生じた場合の対処について、事前に確認してみるのがいいでしょう。
対象となるケースには税金を多く支払う以外にも、税理士事務所が課税方式の変更を怠ったことによって消費税を多く支払うケースなども対象となります。
税理士のミスで延滞税や加算税、追徴課税が課せられた場合も同様です。
そこで気になってくるのが、顧問料をもらっている税理士のミスはどこまで責任が及ぶかです。
支払い過ぎた税金は、修正申告をすることにって戻ってきますが、それを行うと税務署に目を付けられてしまうので、多くの経営者は泣き寝入りをする傾向があります。
このようなことが起こらないように、経営者自身もしっかり確認することが大切です。

自分の起業している業界に詳しい税理士事務所を調べるには同業者に相談

最低資本金制度が廃止されたこともあり若いうちから会社を興す人が増えていますが、起業をするには色々と情報を集める必要がありますしその道に精通した人から話を聞くことも大切です。
ただ起業しようとしている職種によって誰から話を聞くのが良いか変わってくるのでその点は注意することが重要ですが、相談に乗ってもらう相手は殆どの場合税理士になります。
そのため自分の起業している業界に詳しい税理士事務所に行って色々と話を聞くことがポイントとなりますが、その道に精通した税理士事務所を調べるには同業者に相談をするのが一番です。
同業の人は色々な情報を知っていて開業までの流れや成功するコツに関してヒントをくれるところがわかっていますし、それによって業績を上げることができるかどうかも変わってきます。
ですのでこれから起業することを考えている場合には、業界に詳しい税理士事務所を調べる一環として同業者に相談するようにした方が良いです。

税理士事務所との契約はクーリングオフできる?

契約している税理士事務所を解約する場合、違約金が発生するケースがあるということを知っていますか。
そんなことは聞いてないと考える方も多いですが、税理士事務所と顧問契約をした時に違約金に関する条項を載せていることもあるので、そのような時は違約金を支払う義務があります。
違約金を支払いたくなければ、契約時に違約金の条項があるかどうかをしっかり確認するようにしましょう。
もし違約金に関する条項をよく把握しないで契約してしまった場合、クーリングオフが可能か気になるのではないでしょうか。
実はクーリングオフができる契約は限りがあり、店舗外で向こうから勧められたものに関しては適用されますが、自分から出向いての契約は対象外となります。
税理士事務所を選ぶ際には自分で探して決めることが多いので、自分から出向いての契約となり対象外となってしまいます。
したがって税理士事務所を選ぶときは慎重に選び、契約書などをよく確認することが大切です。

SNSで税理士事務所に相談可能?

税理士事務所に税についての相談をしたいけど、どこで相談したらいいのかわからないという方がいるのではないでしょうか。
そんな方におすすめしたいのが、SNSを活用した方法です。
LINEなどを活用して相続などの悩みを聞いてもらうことができます。
ちょっと相談したいけど、出向くほどのものではない内容の時は、このサービスを活用するのがおすすめです。
他にも税理士事務所に無料で相談できる方法として、商工会議所や自治体で開催されているセミナーに参加することも有効です。
現役の税理士が対応してくれるので、安心して相談することができます。
他にも国税局が開設している税の相談窓口も有効です。
国が運営している組織なので、間違いのない答えを得られることができます。
さらに税理士会の無料電話相談を活用するのもいいでしょう。
税理士会に所属している税理士が、直に話を聞いてくれるという点が魅力の一つです。
このようにさまざまな方法があるので、活用してみるのがおすすめです。

事業資金をスムーズに集める人に税理士事務所が

最近では性別や年齢に関係なく気軽に会社を興す人が増えていて多くの分野で活躍していますが、問題となるのが事業資金に関することでお金が絡んでくるので少し厄介なケースになることもあります。
ある分野には強く商品開発をする能力のある人でもお金集めは苦手な人もいますし、専門的な知識も必要となるので多くの場合税理士事務所に行って税理士に相談に乗ってもらうことになります。
資金調達に関して様々な情報を持ち合わせ実力と実績を兼ね備えた税理士事務所は沢山あるので、信頼できるところに行って頼めば比較的スムーズにお金を集めることができます。
その場合に問題となるのがどれぐらいお金がかかるのかと言う点で相談料や着手金もありますし、成功報酬や顧問料金と言った複雑な料金体系を取っているところも多いです。
ですので事業資金をスムーズに集めるために税理士に相談に乗ってもらうことを考えている場合には、色々と情報を集めて良さそうなところに頼むようにした方が良いです。

税理士事務所に関する情報サイト
税理士事務所の知っておきたい基礎知識

このサイトでは、相続税などの相談で初めて税理士事務所を使うときや個人事業主になり税金のアドバイスを貰いたいなど考えたとき、それぞれ利用する前に覚えておくと安心に繋がったり役立てることができる基礎知識をご紹介しています。法人契約などの場合は顧問契約をするケースが多いかと思われますが、このような契約のときには1か月の相場がどのくらいの金額になるのか、給料計算に年末調整などの業務を依頼するメリットやデメリットなどにも触れているので参考にされると良いでしょう。

Search